日本安惠は、健康志向を強める食への貢献などを目標に
| 日本安惠株式会社 会社概要 | 製品一覧 |

研 究 開 発

Research and Development

きのこ統合研究所では、霊芝、冬虫夏草など薬用きのこが持っている薬理効果を学術的に解明し、健康の維持増進に役立てる研究を行っています。
健康をキーワードに、きのこの薬理効果や機能性を追求 Research and Development Center
商品開発センターでは、創業以来培ってきた多くの基礎研究から生まれた霊芝、冬虫夏草などの独自素材を活用し、
特定保健用食品をはじめとする健康・機能性志向の製品開発に取り組んでいます。
特にキノコと健康に関する情報を収集し、食経験を科学的に評価・検証することにより、製品の設計を行います。
東洋医学を元に Based Eastern medicine
東洋医学では生体の機能を「気・血・水」に分け、このバランスが保たれた状態を「健康」と考えています。このバランスが崩れると、なんだか調子が悪い、疲れやすいなど、病気ではないが健康でもない状態「未病」になり、未病がさらに悪化すると「病気」になると考えます。

日本安惠キノコ研究開発センター

研究開発体制 Functional material
 
基礎研究
・ 基礎研究から生まれた新規物質の素材化開発
・ 独自素材の効能評価と科学的実証(動物試験・ヒト試験)
・ 国内外の研究機関との共同開発の実施
・ 各種試験データの解析と新規素材開発への応用
日本安惠では、食を通じた健康維持・増進に取り組む中で、きのこに関するさまざまな研究課題に着手し、きのこの機能性食品としてのエビデンス(証拠、検証結果)についての成果を挙げています。
安惠の研究は国内の学会発表だけでなく、海外でも高い評価を頂いており、
著名な学会誌でも取り上げられ注目されています。
キノコ由来の生理活性物質の研究 新規薬用・食用キノコの栽培技術開発 薬用キノコのメカニズムの解明 薬用キノコの研究論文 薬用キノコの研究報告

▲ ページの先頭へ

主要研究設備 Main research facility
・ 無菌培養室
・ 分析室
・ 抽出・分離装置
・ 動物舎
・ 動物実験室
・ 冷蔵室
・ クリーンベンチ
・ 真空凍結乾燥機
・ 減圧濃縮器
・ 真空低温乾燥機
・液体クロマトグラフ
・ ガスクロマトグラフ
・ 超遠心分離装置
・ 紫外可視光分光光度計
・ PCR
・ 蛍光分光光度計
・ 高速冷却遠心機
・ インキュベーター
・ 各種光学顕微鏡
・ フーリエ変換型赤外分光光度計
日本安惠きのこ研究センター
研究センター1
研究センター2
 

最先端の設備で

自信を持って皆様へ

研究センター3
研究センター4
薬用キノコの研究報告

▲ ページの先頭へ

 
| 日本安惠株式会社 会社概要 | 製品案内 |